下着を合わせてバストアップ

バストアップと下着の関係

50代女性のバストアップ方法と効果

 

バストアップしたいと考えた場合、多くの方がサプリメントやマッサージなどを思いつくとされています。
しかしこのようなバストを大きくする方法は効果的なのですが、気をつけておくべきポイントがあります。

 

それは下着の選び方で、サイズの合わないブラジャーなどを着用していると効果が得られなくなってしまう事があります。

 

と言うのも基本的にサプリメントの服用やマッサージなどは、バストアップに必要な栄養を補給したり効率的にバストに集める為に行われます。

 

なので、いくら栄養を集めてもしっかりと保持できないと効果は得られにくくなります。そしてその保持のためにはブラジャーが大きなポイントになっていて、自分に合ったサイズのブラジャーを着用する事などが大切だとされています。

サイズの合わない下着の弊害とは

サイズの合わないブラジャーを着用していると様々な弊害が生まれます。まず胸より小さいサイズの場合ですが、この場合は呼吸が苦しくなったり胸の形が崩れる可能性があります。

 

主にデザイン重視で選んだ時に起こりやすいのですが、締め付けによるかぶれなどの問題が発生する事もあります。

 

次に胸よりも大きなサイズの場合ですが、この場合はホールド性が低くなる事が問題になります。

 

しっかりと胸をホールド出来ていないとブラジャーの中でバストが動いてしまいます。そうなると胸の肉が背中や脇などに流れてしまいますし、乳首が擦れて黒ずんでしまう可能性があります。

 

なおこのサイズが大きすぎると言うケースはカップ付きキャミソールなども該当しますので、近年では顕著な問題になっているとされています。

ジャストサイズの下着のメリット

バストアップを考えた場合には様々な理由からジャストサイズのブラジャーを着用する事が大切になりますが、その為には専門店などでスタッフにお願いしてキチンとバストのサイズを測る事が重要になります。

 

また一般的に知られている方法とは違った計測方法になりますので、バストアップを考えるならば一度は行っておく方が良いとされています。

 

なお、ジャストサイズの下着を着用する事は他のメリットもあります。まずは形が綺麗に見えると言うメリットですが、背中や脇に流れていた肉をしっかりカップに収める事ができますので綺麗な谷間を作ることが可能になります。

 

またジャストサイズである事は胸の締め付け感も減少しますので、呼吸が楽になったり痒みやかぶれなどの問題も解決できるとされています。